低血糖とシックデイ

糖尿病の低血糖・シックデイ

低血糖

血糖値が概ね70mg/dl未満になった状態を低血糖と言います。

症状としては冷や汗、不安、動悸、手のふるえ、空腹感などがあります。さらに血糖が低下すると、意識がなくなったり、けいれんを起こすこともあります。

薬物治療中の患者さんが、薬量の間違い、食事量が少ない、食事時間のずれ、激しい運動・長時間運動の後などに生じやすいです。飲酒、入浴やサウナなどが誘因となることもあります。

血糖測定器を使用している場合はすぐに測定して血糖値を確認します。人によっては血糖が70mg/dl以上でも低血糖症状が出ることがあります。

対処としては速やかに糖分を摂取することで、低血糖であれば数分で症状が改善します。ブドウ糖が一番早く血糖を上昇させますが、砂糖、飴、ジュースなどでもかまいません。意識がなくなって自力で糖分を口にできない場合は、医療機関に受診してブドウ糖の注射が必要になります。

低血糖を繰り返している人などは血糖が下がる過程で空腹感・動悸などの警告症状が出現せずに急に意識障害に至ることがあります。これは無自覚低血糖と言われ、リスクのある人は日頃から細心の注意が必要になります。

シックデイ

糖尿病の患者さんはシックデイ、つまりかぜや胃腸炎などの病気にかかって体調を崩した時は注意が必要です。体調を崩した日には食欲がなくても血糖値が上がってしまう可能性があるからです。

体にストレスが加わると、血糖を上昇させる働きのあるホルモン(カテコラミン、グルココルチコイド等)の分泌が増えてしまうことが原因の一つです。特に飲み薬やインスリンを使用している方はシックデイの時にどうするか主治医と相談しておく必要があります。

特に1型糖尿病や病状の重い2型糖尿病の方においてシックデイの状態がさらに悪くなると極度の脱水やインスリンの欠乏が起こり、急激に血糖値が上昇したり、ケトン体が増えることによって血液が酸性に傾いてしまうことがあります(糖尿病性ケトアシドーシス)。

症状が重くなると意識を失ったり生命の危機にかかわることもあり、治療としては速やかに脱水の補正のため点滴によって十分な水分の補給、不足しているインスリンを補って血糖を下げます。誘因となった疾患(感染症など)も並行して治療を行います。