糖尿病の治療

糖尿病の治療

食事療法

食事療法は糖尿病治療の基本で、栄養バランスを保ちつつ適切なエネルギー量(カロリー)を摂取することが重要です。総エネルギー量の決定方法は以下のとおりです。 (1) まず標準体重を、「標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22」で求めます。参考までに身長150cmの人で49.5kg、160cmの人で56.3kg、170cmの人で63.6kg、180cmの人で71.3kgになります。

(2) 標準体重を計算しましたら、次に目標摂取エネルギーを計算します。

軽労働者(デスクワーク):25〜30(kcal) × 標準体重(kg)
中労働者(立ち仕事):30〜35(kcal) × 標準体重(kg)
重労働者(力仕事の多い職業):35(kcal) × 標準体重(kg)
肥満者(BMI 25以上):20(kcal) x 標準体重(kg)

指示されたエネルギー量内で炭水化物、蛋白質、脂質のバランスをとり、ビタミン、ミネラルなど過不足のない状態にすることが重要です。

エネルギーの50~60%を炭水化物から摂取し、可能であれば食物繊維が豊富な食物を選択しましょう。タンパク質は標準体重1kgあたり1.0~1.2g(1日約50~80g、エネルギーの約20%)を摂取し、残りを脂質で摂るのが理想的です。

運動療法

運動によって血液中のブドウ糖が消費されるため、血糖値を下げる効果があります。継続的に有酸素運動などを行うことによって内臓脂肪を燃焼させ、筋肉を増やすことによってインスリンが効きやすい(血糖が下がりやすい)体質になります。

運動療法に最適なのは有酸素運動で、歩行、ジョギング、ラジオ体操、水中歩行、サイクリングなどがあります。好みがありますが運動強度や足腰への負担も考慮して選択します。

運動強度の目安は「心拍数」を参考にするのが効果的です。50歳未満の患者さんは脈拍が120拍/分、50歳以上の患者さんは100拍/分になるくらいが目標です。ペースは週3〜5日以上、時間は内臓脂肪を燃焼させるため30分以上行うことが望ましいです。

合併症の程度、心臓・呼吸器疾患などの状態によっては運動療法が望ましくない場合もありますので主治医にご相談下さい。インスリン注射や血糖を下げる飲み薬を使っている場合は運動中・前後に低血糖になりやすいため、ブドウ糖を常に持ち歩いていると安心です。

薬物療法

血糖を速やかにコントロールする必要がある場合や、食事療法、運動療法のみで効果不十分な場合は薬物療法を検討します。

スルホニル尿素薬(SU薬): 膵臓からのインスリン分泌を増やす薬で昔からある薬です。血糖を下げる力が強い反面、高齢者や腎機能の低下した人では低血糖のリスクが大きく、体重も増えやすくなります。

ビグアナイド薬: 国内では古くからあるメトホルミンという薬が使われており、インスリン抵抗性を改善してインスリンの効きを良くします。米国糖尿病学会のガイドラインでは2型糖尿病治療の第一選択とされています。副作用として下痢など消化器症状が出る場合がある他、手術や造影剤検査を行う際は休薬する必要があります。

チアゾリジン誘導体: 機序は異なりますがビグアナイド薬と同様、インスリンの効きを良くする薬です。体重がやや増加しやすく、副作用として特に心機能の低下した人などで足のむくみが出る場合があります。

DPP-4阻害薬: SU薬と同様にインスリン分泌を増やす薬ですが、血糖値に合わせて効果が変わるため低血糖は起こしにくいです。血糖値を上げるホルモン(グルカゴン)を抑制するとも言われています。

GLP-1受容体作動薬: DPP-4阻害薬の強化版で、食欲を抑えたり体重を減らす効果もあります。1日1~2回の自己注射するタイプのものが主流ですが、最近では週1回注射のタイプもあります。

SGLT-2阻害薬: 尿から糖を排出することで血糖を下げる新しいタイプの薬で、糖質制限食に似た効果が期待でき体重を減らす効果もあります。糖と一緒に水分も出ていくため、服用中は脱水に注意が必要です。

インスリン: 飲み薬で血糖管理が難しい方や、インスリンが分泌できない患者さん、妊婦さん、手術や重症感染症など切迫した状況ではインスリンを用います。インスリンはお腹などの皮下に打ちますが原則自己注射になり、血糖測定も自分で行います。短時間ですぐに効果の現れる「速効型」、ゆっくり1日中効果の続く「持効型」、それらを混ぜあわせた「混合型」があり、状態に応じて使い分けます。